Latest Articles

Interview
【みらいワークス】プロフェッショナル人材のライフステージを支えるエコシステム Vol.3
2018.02.09
プロフェッショナル人材の方々をもっと活用しながら、日本の経済を底上げするということを、今、目の前でやらないと、日本は沈んでいってしまうのではないでしょうか。 そういう意味でも、国全体として、プロフェッショナル人材のアサイメントを最適化していかなければならない。そのときに、我々は、社会のインフラになる気概で長期的にやっていく必要があると思っています。
Interview
【みらいワークス】コンサルタントと起業を両立させるプラットフォーム Vol.2
2018.02.08
お客様に対しても「我々はクライアントファーストではありません、人材側を大切にしている会社です。」とお伝えしています。 あくまで、独立している人たちのためにサービスを提供していますし、クライアント企業にとっても「そういった人が来たほうが御社にとっても良いですよね?」と、常々お伝えしているんです。
Interview
【みらいワークス】独立コンサルタントに新しい働き方を提供 Vol.1
2018.02.07
働き方多様化の必要性が盛んに指摘されている昨今の日本社会ですが、そんな中、フリーランスで働く「プロフェッショナル人材」のために、挑戦できるエコシステムを作ろうと取り組んでいる会社があります。みらいワークスは、フリーコンサルタントのための案件紹介サイト 『FreeConsultant.jp』を運営し、2017年12月に東証マザーズに上場しました。一見するとフリーコンサルタントを束ねるコンサルティングファームにも思える同社ですが、徹底してフリーランスに寄り添う姿勢が大きな特徴です。起業家を支える仕組みとしても機能しているという同社の事業と、プロフェッショナル人材のあらゆるライフステージを支えるビジョンについて、みらいワークスの岡本社長に伺います。
Interview
【福田峰夫】リクルートのインターネット前夜 Vol.3
2018.02.04
経営という視点で、何を見て、何をするべきか、といった要所は、どの企業も大きく変わらないと思います。財務、組織、人事、営業……いくつか見るべきポイントがあると思うんです。より細かい点で言えば、「儲け」の構造やコスト構造はどうなってるのか、顧客基盤はどうなってるのか、などという視点はどこでも必要だと思います。特に重要なのは経営管理という視点では経理、財務等のコーポレート組織でしょうね。
Interview
【福田峰夫】リクルートがスタートアップ精神を維持できる理由 Vol.2
2018.02.03
リクルートの歴史というのは、新しいものを立ち上げてきた歴史ですが、いわゆるトップダウンで始めた回線事業や、不動産事業、金融事業などは、結局失敗してしまっていますよね。それ以外はすべて現場発です。リクルートというのは、現場からアイデアを吸い上げる仕組みや、ものごとを現場で考えるという姿勢が、ずっと定着しています。
Interview
【福田峰夫】日本のスタートアップの落とし穴とリクルートの成長 Vol.1
2018.02.02
日本リクルートセンター(現:リクルートホールディングス)常務取締役、角川書店(現:KADOKAWA)代表取締役社長、ジュピターテレコム代表取締役副社長を経て、今ではベンチャー投資もされている福田峰夫さん。リクルートの成長過程やネット事業に着手した経緯、複数の会社での役員を経てお感じになった「経営」と「オペレーション」の違いについて伺っていきます。
Interview
【クックビズ】日本の飲食ビジネスは世界で金メダルを取れる Vol.3
2018.01.28
Foodionを通じてチップを払えるようにしたりすることで、飲食人のキャッシュポイントを増やすことができる。我々はフード産業を人気業種にするというビジョンがあるので、このビジネスがいずれは、そこに貢献できるのではないか思っているんです。
Interview
【クックビズ】飲食店の成否は“飲食人”の質で決まる Vol.2
2018.01.27
飲食業界の採用課題というのは非常にハードルが高い課題なので、一つのサービスだけでは解決できないと思っています。だからこそ我々は複数のサービスで企業の課題を解決するという方向性でこの業界にコミットし続けているんです。
Interview
【クックビズ】飲食業界で高い収益性を実現する人材ビジネス Vol.1
2018.01.26
「フード産業を人気業種にする」をビジョンに掲げ、飲食業界に特化した人材サービスを展開するクックビズ株式会社。世の中に人材サービスを展開する会社は数多ありますが、「飲食人」の志向に寄り添った情報提供を行うことで、強い支持を集めています。「日本の飲食は世界で勝ち続ける産業になれる」という信念をお持ちの藪ノ社長に、クックビズの人材サービスや「食」のSNSアプリ「Foodion」を通じた今後の可能性について、お話を伺います。
Interview
【ジーニー】リーンからグロースへ。世界をハックする戦略 Vol.3
2018.01.17
DSP、SSPの市場はまだまだ伸びると思っていますし、マーケットシェアもまだまだ取れると思っています。それに、メディア側は儲かっていない会社が多いので、広告主にとっても付加価値の高い取り組みをしながら、業界に還元していきたいです。