Latest Articles

Column
上場時の株価形成プロセスと、IPOの集中が会社の成長に及ぼす影響
2019.12.27
例年、年度末にはIPOが集中する傾向にあります。こうした集中はIPOの成功にどのような影響を及ぼすのか、また株価形成が当初の想定通りにいかないと、会社にとってどのよう影響が生じるのか。今回は、新規上場時の株価形成プロセスについて考えます。
Column
スタートアップにおけるストックオプション付与のリアリティ
2019.12.20
企業が上場する際に作成する「新規上場のための有価証券報告書」を読むと、当該企業のストックオプション(以下、SO)の配布状況を確認することができますが、SOの配布方針は会社ごとに特色が出ています。最近IPOしているスタートアップの事例をもとに、SO配布の状況、留意点について考えます。
Column
なぜネット系企業はプロスポーツ事業への参入を進めるのか?
2019.12.13
近年、ネット系企業によるプロスポーツチームの買収事例が増えています。こうした状況の背景には何があるのかについて考えます。
Interview
【ニューラルポケット】スマホ型ドライブレコーダー「スマートくん」に見るAI社会実装の未来
2019.12.05
「AIエンジニアリングで未来の社会を形にする」をミッションに掲げるニューラルポケット社は2019年12月5日、スマートフォン型ドライブレコーダーアプリ「スマートくん」をリリースしました。これまで主にファッション領域でAI解析技術を洗練させてきたニューラルポケット社が、なぜスマホドライブレコーダーアプリを開発したのか、同社の周COOに伺いました。
Column
スタートアップにNDA締結は必要ないのか?
2019.11.30
スタートアップにおけるNDA(秘密保持契約)締結の必要性については賛否両論が見られます。スタートアップのステージごとの違いも踏まえつつ、そもそもNDAは必要なのか、どのような状況ではより必要性が高まるのかについて考えます。
Column
スタートアップのIPO時における流動性の水準に正解はあるのか?
2019.11.22
スタートアップは上場する際、資金調達のための新株の発行と既存株主による株式の売出しを行います。この時、市場に放出される株式のボリュームによって、その後の会社の株式の流動性が方向づけられていきます。果たして上場時の株式の流動性に適切・妥当な水準はあるのでしょうか?
Column
スタートアップへのリスクマネー提供者の多様化について
2019.11.13
近年、スタートアップへのベンチャー投資額は急拡大していますが、最近顕著なのが、機関投資家や海外VCなど、従来は日本のスタートアップへ投資していなかった非伝統的投資家の出現です。投資家層多様化の背景やそれがもたらす影響、スタートアップ側の対応について考えます。
Column
スタートアップ「冬の時代」に備えて
2019.11.08
WeWorkのIPO延期をきっかけに、スタートアップへの投資の過熱ぶりを危惧する声が高まっています。米中問題などの先行き不透明なマクロ経済の状況も相まって、日本のスタートアップにも、景気の後退局面が訪れるのではとの指摘も見受けられます。今回はスタートアップの「冬の時代」を想定し、その対処について考えます。
Column
創業者やエンジェル投資家がイグジット前に株を売ることについて
2019.10.18
スタートアップにおいて、創業メンバーや初期に出資しているエンジェル投資家が、イグジット前に保有株を売ることについては賛否両論が見られます。今回はイグジット前のスタートアップの株式の売却について考えます。
Interview
【小林清剛】起業家は「自分だけが信じる何か」をつくろう Vol.3
2019.09.15
事業の仮説を検証し、MVP(Minimum Viable Product: 実用最小限のプロダクト)を開発することは、スケールする事業を構築するための第一歩です。では実際、どのようにしてMVPを開発するべきなのか? 実践的なプロセスについて、シニフィアン共同代表の朝倉祐介がChomp小林CEOに伺いました。