経営

Column
慶應SFC准教授・琴坂先生と考える『経営戦略原論』
2018.07.29
社会科学としての経営戦略と、実学としての経営戦略は別の方向性を向いているのではないかといった問題意識をベースに論旨を展開する、慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス(SFC)准教授 琴坂将広先生の『経営戦略原論』。 単純な実学からスタートした経営戦略が経済的、社会的、そして心理的なアプローチも取り入れ、急速に進化を遂げている様子を語ります。
Column
ビジネスパーソンにファイナンス思考は必要?
2018.07.27
日本企業のアップデートに欠かせない「ファイナンス思考」。企業価値を最大化するため、目先の利益に踊らされずに長期的な事業戦略を図る考え方は、ビジネスパーソンの基礎教養です。ファイナンス思考が組織や個人にもたらす意義とは何か、シニフィアン共同代表の3人が語ります。
Column
なぜ人や企業はPL脳に陥ってしまうのか?
2018.07.21
先日出版されたシニフィアン共同代表・朝倉の新著『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』について紹介します。今回は多くの日本企業やビジネスパーソンが陥ってしまいがちなPL脳について取り上げます。そもそも何故、人や企業はPL脳に陥ってしまうのか、その理由について、シニフィアンの3名が考えます。
Column
CFOの仕事とは何か?
2018.07.14
前回に引き続き、先日出版されたシニフィアン共同代表・朝倉の新著『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』について紹介します。今回は会社の中でファイナンスに主に携わるCFOについて取り上げます。人によって捉え方が異なるCFOの仕事について、シニフィアンの3名が考えます。
Column
PL脳が会社を滅ぼす
2018.07.10
7月12日に、シニフィアン共同代表・朝倉の新著『ファイナンス思考 日本企業を蝕む病と、再生の戦略論』が出版されます。低成長が定常化し、不確実性が高まっている現代において、PLを偏重する「PL脳」から抜け出し、「ファイナンス思考」を身につけることの重要性を説いた一冊です。出版を記念して、本書が問題視する「PL脳」について、シニフィアンの3名が語ります。
Column
なぜ外資金融出身者はスタートアップに参画するのか?
2018.07.06
ここ数年、スタートアップに参画する外資金融出身者が増えています。スタートアップに移る外資金融出身者の特性とは。また、スタートアップ経営陣が外資金融出身者を引き抜く際に意識すべきポイントとは。シニフィアンの共同代表3名が語ります。
Column
新規事業よりも難しい、事業の撤退・売却
2018.06.28
シニフィアンの共同代表3人が、ほろ酔い気分で放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談。今回はあまりスポットが当てられていない、「事業の閉じ方」について語ります。海外の企業に比べ、日本企業は事業を閉じることに対して後ろ向きだと言われています。そこには日本企業特有の体質がありました。
Column
カルビー松本前社長のライザップCOO就任
2018.06.20
シニフィアンの共同代表3人が、ほろ酔い気分で放談、閑談、雑談、床屋談義の限りを尽くすシニフィ談。今回は時事ネタとして「カルビー松本晃前社長のライザップCOO就任」をテーマに取り上げ、このサプライズ人事をどう見ているのか、そして、松本前社長を口説いたライザップ瀬戸社長の魅力とは何かについて語ります。
Column
ポストIPOに向けてスタートアップ経営者が考えるべき備え
2017.10.28
上場は一つのステップであり、企業にとってゴールではなく一つの手段です。そうであるならば、「上場に向けて何をしていくべきか」について考えるのと同じぐらい、「上場した後は何をするか」といった点にも目を向ける必要があるはずです。 そうした問題意識から、「上場後に何が起こるのか」ということを企業側の視点から振り返ってみました。
Column
営業は兵隊じゃない!商売は現場で起きている
2017.10.10
環境の変化って現場の方が早く気づいてるんだよね。めちゃめちゃ当たり前の話やけどね。「あ、この商品売れなくなってる」っていうのは、最前線のセールスが一番早く気付く。